Skip to content →

即日融資可能な銀行カードローンが増える見込みの背景とは

銀行カードローンといえば、以前は金利は低いものの審査時間が非常に長く、融資を受けるまでに2週間以上はかかるというのが当たり前という状況でした。しかし、最近では、即日融資可能な銀行カードローンも多くなっています。この変化の背景には、どのような事情があったのでしょうか。
最も大きな背景として考えられるのは、金融の自由化です。それまでは護送船団方式で、銀行といえば横並びが常識で商品に違いというものがほとんどありませんでした。しかし、自由化が進められる中で、これまでとは違った分野で収益を上げることが求められるようになり、その最たる分野が個人向けカードローンであったのです。
折から、貸金業法の改正で経営難に陥っていた消費者金融業者を子会社化した大手都市銀行系のカードローンでは、いち早く消費者金融のノウハウを吸収し、自動契約機、審査の短時間化などを実現し即日融資にも対応するようになりました。また、後発組であるネット専用銀行カードローンでもネット専用という強みを活かして、審査時間の短縮を実現し即日融資にも対応するようになりました。
このようにして、利便性という点では消費者金融に大きく水をあけられていましたが、徐々に差がなくなりつつあるというのが現状です。そして、その第一歩が即日融資対応ということであったわけです。このサービスが提供できない場合には、余程の金利差がない限りは、利便性の低いカードローンというレッテルを張られることになってしまうのです。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら

Published in カードローン

Comments are closed.